交通事故・労災|アトラス整形外科|千駄木の整形外科・リウマチスポーツ|西日暮里駅徒歩5分

〒113-0022 東京都文京区千駄木3丁目48-5 3F
03-3827-1717
WEB予約
ヘッダー画像

交通事故・労災

交通事故・労災|アトラス整形外科|千駄木の整形外科・リウマチスポーツ|西日暮里駅徒歩5分

□交通事故について

当院では、交通事故の診療(自賠責保険・任意保険)に対応しており、交通事故に遭われた方の痛みや怪我、体調不調などの治療を行なっています。一般に交通事故による受傷は、瞬時に受ける衝撃が大きく、かつ身構える間もないタイミングで起こるため、通常の怪我とは症状の現れ方が異なることがよくあります。事故直後は特に目立った外傷がなくても、数日経過してから痛みやしびれ、吐き気、頭痛、めまいなどが急に出現し、それが徐々に悪化して慢性化することもあります。放っておくと、日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があるため、たとえ事故直後に痛みがなかったり、自覚症状が軽かったりしても、その日のうちに一度受診されることをお勧めします。より早い段階で治療を開始することが大切です。

□交通事故による症状

交通事故の受傷には非典型的な怪我も多々あり、画像所見のみでは説明困難なケースもあります。受傷後しばらく経過してからの受診の場合、事故との因果関係の証明や判別がしにくくなることがあるため、この点からも早期受診が勧められます。診察の際は、「いつから、どのあたりが、どのように痛むのか」を詳しくお伝えください。
交通事故では事故直後に症状が出現していなくても、実際には何らかの損傷を受けていることが少なくありません。当初は軽いむち打ち症で、すぐに良くなると思っていても、次第にその病態が悪化し、生活に影響が出るケースも頻繁に見られます。「しばらくしてから首が痛みはじめた」、「事故の以前より肩や背中が凝るようになった」、「吐き気、めまい、頭痛がする」など、少しでも身体に違和感があれば、お早めにご相談ください。

○主な症状の例
☑️ むち打ち症:外傷性頸部症候群(首の痛み、しびれ、動かしにくさ、めまい、耳鳴り)
☑️ 全身の倦怠感
☑️ 頭痛
☑️ 吐き気
☑️ 手先、足先のしびれ
☑️ 肩、背中の凝りや痛み
☑️ 腰の痛み
☑️ 膝の痛み
☑️ 動かしにくい部分がある   など

□交通事故発生から治療終了まで

○医師の診断書
交通事故で、自賠責保険の請求に必要となる自賠責診断書や、後遺症が残ってしまった場合の後遺症診断書をかけるのは、整形外科などの医師のみです。当院でこれらの診断書を発行します。整骨院や整体の施術だけしか受けていない期間は、交渉や訴訟などで「必要かつ相当な治療を受けていない期間」と判断され、その間の治療費の支払いを拒否されたり、慰謝料の算定基礎となる期間に算入されなかったりする場合がありますので、ご注意ください。

【治療の流れ】
① ご来院
ご来院されたら、まず問診票に記載いただきます。記載が困難な場合は、スタッフが記入いたしますので、お気軽にお申し付けください。

② 検査・診断
患者様の症状に対するお悩みや身体の状態を正確に把握するため、問診や触診、レントゲン撮影等で精密検査を行います。より精密な検査が必要と判断した場合は、連携医療機関へ紹介させていただくこともございます。

③ 治療
診断結果により、安静、消炎鎮痛剤、カラー固定、コルセットなどを用いて治療を行います。必要な場合には、物理療法、マッサージやリハビリ治療を行います。これらにより痛みの改善や機能回復を図ります。

④ 治療終了
症状が改善し、事故以前の生活に戻れるようになり、後遺症の可能性もないようであれば治療は終了です。治療がすべて終了した後に、保険会社に連絡を入れます(当院からも保険会社に連絡します)。その後は、相手方との和解契約(示談)となります。

□労災保険について

□労災保険について
労災保険とは、労働者災害補償保険法(公務員は工務災害補償法)に基づく制度で、業務中や通勤途中に生じた怪我・病気・障害などに対して必要な保険給付を行うものです。労災が適用されるかどうかの判断は、勤務先の会社ではなく労働基準監督署となりますが、本人の不注意によるもの、他者から受けた外傷、会社側に全く落ち度のないものであっても「業務災害」となり、労災が使えます。
当院は、労災保険指定医療機関の指定を受けておりますので、必要な書類があれば受診の際に窓口でのお支払いはありません(※労災確定するまで全額自己負担をしていただく場合があります)。労災保険で治療をご希望される方は、保険証は提示せず、受付にて「労災」であることをお伝えください。労災認定されるかどうかわからないという場合も、お気軽にご相談ください。